artist作家紹介

笠間焼の重鎮から、新進気鋭の若手作家まで。
それぞれの作品同様、笠間焼作家は皆、個性が光る人たちばかり。
そんな個性豊かな作家たちの作品にかける想いを覗いてみましょう。

諏訪幸雄suwayukio

陶歴

  • 1947年常陸太田市生まれ
  • 1969年日本大学文理学部化学科卒
  • 1971年茨城県窯業指導所勤務
  • 1996年茨城県工業技術センター窯業指導所所長
  • 2007年定年退職後現在地に築窯

MESSAGE

私は茨城県窯業指導所に34年間勤務し、この間粘土瓦や笠間焼業界の支援に携わってきました。定年退職後、技術支援をとうして得た知識を活かすべく、笠間焼業界の一員として活動しております。作風は250年の歴史ある笠間焼のイメージを残し、温故知新笠間焼、そんな普段使いの作品作りを心がけています。また、陶芸教室や焼成のみの依頼にも応じております。作品は自宅工房の他、笠間のひまつり等のイベントにも出展しております。
さらに陶芸全般の技術情報も公開しています。例えば、粘土の性状、釉薬調合、焼成技術など

一覧へ戻る